ストーリーライティング 「ヒーローズジャーニー編」情報発信BAR Vol.2

こんにちは!サトル(kabu_0719)です。

今回は、先日参加してきた情報発信BARについてお伝えしていきます!

情報発信BARとは?
岡山在住のフリーランスブロガー、やぶなおさんが月に1度開催している「ブログを使って情報発信力をつけたい岡山の大学生」のための勉強会。
毎回、ブログ運営に関してや情報発信の仕方について講師のやぶなおさんから教えてもらっています。
第1回 「自分の信用力を高める」

今回のテーマは「ヒーローズジャーニー」

多くの人に共感してもらうストーリーライティングの手法について学び、それを自分に落とし込んでいくワークをしていきました。

ヒーローズジャーニーとは

ヒーローズジャーニー(英雄の旅)
見聞きしてだれもが共感し・応援したいと思うような英雄のストーリーには共通点があり、それを概念化したもの。アメリカの神話学者が提唱。

「ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)」の流れは、映画監督であるジョージ・ルーカス氏に影響を与え、世界でも熱狂的なファンが存在する映画「スター・ウォーズ」は、「ヒーローズ・ジャーニー(英雄の旅)」の流れを取り込んで制作したと言われます。

https://www.nlp.co.jp/000204.php

知ってか知らずか、人気を博している作品にもこの考え方は当てはまっており、「ドラゴンボール」や「ワンピース」もその一例です。

ヒーローズジャーニーの流れ

ヒーローズジャーニーには以下のような一定の流れがあります。

  1. Calling「天命」
  2. Commitment「旅の始まり」
  3. Threshold「境界線」
  4. Guardians「メンター」
  5. Demon「悪魔」
  6. Transformation「変容」
  7. Complete the task「課題完了」
  8. Return home「故郷へ帰る」

これらの1~3を「スタート」、4~6を「ターニングポイント」、7~8を「クライマックス」という風に分類することでよりわかりやすくなると思います。

  1. 「スタート」で何かしらのきっかけを得目標やミッションが固まって旅にでる
  2. 「ターニングポイント」で困難を仲間や師匠の助けを得ながら乗り越え、成長する
  3. 「クライマックス」で目標を達成。旅路を思い返しもとの環境や心境に立ち返る。その時の自分は以前とは違った成長した自分。

これらの要素を満たす物語やその主人公はとっても魅力的で人から応援される。ルフィのこと大好きだし応援したいですよね。まだ完結してねえよって思ったかもしれませんが、ヒーローズジャーニーは人生や物語の始まりから終わりだけを示すものではありません。ワンピースはルフィによる海賊王になるための冒険譚ですが、それも「○○編」のような感じで章が分かれていますよね。その一つ一つもヒーローズジャーニーに当てはまっているんです。

アラバスタ編の例

  • 天命:面白い仲間を集めながら海賊王になる
  • 旅の始まり:グランドライン(旅路)の途中の島(王国)がアラバスタ
  • 境界線:王女ビビと出会い、アラバスタが内紛の危機にあると知る。彼女の求めに応じてルフィ達も協力する
  • メンター:麦わらの一味・ビビ(仲間)との共同戦線
  • 悪魔:諸悪の根源・クロコダイルを撃破
  • 変容:国にとっての英雄になる
  • 課題完了:アラバスタの内戦の終結。仲間になったビビとの別れ(名シーン)「例え立場は違えど志が同じなら仲間である」
  • 故郷へ帰る:新たな仲間(ロビン)を得て次の旅へ

ヒーローズジャーニーの応用

ここまで、ヒーローズジャーニーがどんなものなのかをお伝えしました。みんな英雄やヒーローが好きだと思いますし、応援しちゃいますよね。魅力的な物語には魅力的な主人公とそのストーリーがあります。

そして、本題はこれをどう自分に生かしていくかです!!このヒーローズジャーニーの考え方を応用すれば、自分の人生を魅力的に発信することができるのではないでしょうか!

(そんな波乱万丈な人生、送ってねーよ・・・)と思われましたか?確かに、英雄は普通じゃないから英雄なんですよね(笑) なので、このヒーローズジャーニーの現実的な応用の仕方としては、「自分の人生を魅力あるものに再設計する」ということなんです! どんな物語(人生)が魅力的で人から応援されるものなのかが分かっていればそれまでの筋道を立てることができます。うまく意思決定できずに迷ってしまうことも多いと思うのですが、魅力的な自分の人生を設計していればそれに沿った行動ができるようになっていくんです!!

ワーク 「夢」「志」「目標」の設定

ここまでヒーローズジャーニーがどんなものか、それをどう応用するかについてお伝えしました。今回の情報発信BARではこれらを踏まえてヒーローズジャーニーを自分に落とし込むワークを参加者6名が各々していきます。

”ヒーローズジャーニーの「スタート」に必要な要素は「夢」「志」「目標」の3つだ”と主催者のやぶなおさん。

  1. 「夢」
    • 大切なのは自分の欲求(エネルギー源)
  2. 「志」
    • 夢を叶えながら、周りの人に喜んでもらうには(応援・共感を生む)
  3. 「目標」
    • 夢を実現するための具体的目標
    • 実現可能な目標設定⇒クリア⇒高次の目標

参加者各自が自分なりに考え、発表を行っていきました。私の場合、

  1. 「他人軸から自分軸の人間になる」
    • 自分で意思決定できず周りに振り回された結果、自分を見失った
    • 価値基準を明確にして自分の意思で生きていきたい
  2. 「(自分の意思で)助けたい人を助け、応援したい人を応援する」
    • 自分の為に気にしていた周りの人たちをその人の為に気にして支えたい
  3. 自分の軸を定めながら周りの人を助けていく」
    • 自己分析・勉強・行動・発信
      • ブログ週イチ投稿

という結果になりました。周りのメンバーが苦戦している中、私は早い段階で意見をまとめることができたのですが、それは当日の朝にオンラインサロンで自分に関する自己紹介プレゼンをしていたからでした。準備の段階で自分自身がどういった人間で何をしていきたいのか実際に考えていたことがこの結果につながりました。ここでの気づきは準備の大切さと日頃から自己分析をしているといざという時に迷わないということです。サロンで発表したプレゼンの内容も後日このブログにアップするのでしばしお待ちください。

ヒーローズジャーニーを使うことの意義

ヒーローズジャーニーを自分に当てはめることの意義として、個人的にはこう思っています。

「自分を物語の主人公(ヒーロー)に見立てる」
〇自分の人生がどうすれば面白くなるか客観的にわかる
〇ゴールがあるので日々の行動に迷いがなくなる
〇他者から見て魅力的なので応援してもらえる

こういった意義がヒーローズジャーニーにはあり、夢や志を定めてそれを達成するための目の前の目標に一度走り出してしまえば、そのあとはもうすべての行動が自分自身のヒーローズジャーニーの一部になるのです。例えそれが挫折だとしても…。

もちろん、旅の途中で夢や志が変わることもあるでしょう。でもその時は潔く変えてしまえばいいのではないでしょうか。最初の夢があまりにも大きすぎると現実味がないので、小さな夢から次第に大きな夢へとしていってもいいのではないでしょうか。その小さな夢を達成するごとにあなたのヒーローズジャーニー○○編が完成していくのです!!

ですから、まずは自分と向き合い、自分は何がしたいのか。何になりたいのか。そうなって周りにどんな影響を与えたいのか。そのためにどんな目標を立て、実行していけばいいのか考えてみてください。あなたにはあなただけのヒーローズジャーニーがあるはずです!

今回は以上です。ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました